馬車道駅 徒歩3分
関内駅、桜木町駅 徒歩6分

ご予約・お問い合わせ

tel:045-633-2525

オンライン予約
tel:045-633-2525
オンライン予約
低用量ピル/月経移動

低用量ピル/月経移動

低用量ピル

低用量ピルは避妊のための薬剤で正しく内服すると、ほぼ99%以上の避妊効果があり、コンドームなど他の避妊法よりも確実なことがわかっています。

1999年に低用量ピル(経口避妊薬:oral contraceptive 以下、OC)が日本で認可されました。
しかし、OC(低用量ピル)は避妊するためのもので、OC(低用量ピル)=セックスと連想してしまい、OC(低用量ピル)を服用することに抵抗を感じている女性も多くいらっしゃいます。

現在は、OC(低用量ピル)服用者の約8割が避妊以外を目的として内服しているとも言われています。月経痛の改善を目的として、保険適用された薬剤(ルナベルULD、ヤーズなど)が使用されることが多くなっているからです。

OC(低用量ピル)はいつでも始められ、そしていつでもやめられます。
あなたのライフスタイルにあわせて使うことができるので、一度ご相談ください。

OC(低用量ピル)による避妊のしくみ

OC はホルモンのバランスをコントロールすることで、排卵・受精・着床の各ステップで、避妊効果を発揮します。

排卵

OCを飲むと脳は自分の卵巣からエストロゲンやプロゲステロンを分泌しなくてもよいと判断します。その結果、脳から分泌されるホルモンのFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)が減少するため、卵胞は発育せず、排卵も起こりません。

受精

黄体ホルモンの働きによって、子宮内膜が十分に厚くならず、着床しにくい状態になります。

着床

黄体ホルモンの働きによって、子宮の入り口(頸管)の粘液が濃くなり、子宮内に精子が入りにくくなります。

当院のピル

自費ピル処方の際にかかる費用

初診時
項目 料金
相談料(血圧測定、問診、内服指導料も含む) 2,500円(税込)
OC(低用量ピル)代 2,000円(税込)
再診時

再診時は相談料は原則無料ですが、検査などがあった場合は別途費用がかかります。

項目 料金
OC(低用量ピル)代 2,000円(税込)

※当院で初回の自費ピル処方時と6か月後に血液検査(肝機能、腎機能、コレステロール値、貧血、凝固線溶機能)があります。費用は3,900円(税込)です。
ただし、健康診断、人間ドック、他の病院などで、近日採血検査をなさった方は、結果をご持参いただき、内容に過不足ない場合には、改めて検査を受ける必要はありません。
検査結果をお持ちになってご来院ください。

※婦人科診察後、子宮内膜症、月経困難症などのお病気をお持ちの方には、保険診療でピルが処方できます。初診料、再診料、採血料、OC(低用量ピル)代もすべて保険適応になります。

月経移動

月経移動について

月経移動とは、生理日を何日か移動させることを言います。例えば、旅行、スポーツ、結婚式などの予定日と生理日が重なるため、どうしても生理を避けたいという時があるかと思われます。

そのような場合は、ピルを飲むことで、生理日を移動させることが可能になります。
なお、生理日をどれくらいの期間移動できるかにつきましては1週間ほどであり、早めたり、遅くしたりすることができます。

生理日の移動方法

ピルを飲むことで生理日を1週間前後移動させることができますが、遅らせる方法もしくは早める方法は以下の通りです。

生理を遅らせる方法

生理が来そうな日のおよそ5日前からピルを飲み始め、生理を避けたい日まで1日1錠を服用します。ピルを飲んでいる間は生理が来ません。
そして、飲み終えてから2~3日で生理が来ます。移動させることができるのは、長くても10日間程度です。

生理を早める方法

生理が始まってから5日目までの間に、ピルを服用し始めます。10~14日間ピルを内服し、飲み終えると2~3日で、いつもより少ない量の生理が来ます。
この方法では生理を避けたい日にはピルを飲まなくてよいのですが、早めに飲み始める必要があります。ずらしたい生理の一つ前の生理が来るまでにご相談ください。

月経移動のピルは、女性ホルモン製剤であり、副作用として、吐き気や嘔吐、胸の張り、月経量の増減などがあります。吐き気が強い場合には、吐き気止めも処方できますので、ご相談ください。

月経移動費用

項目 料金
月経移動指導料 2,200円
月経移動用中等量ピル 1錠につき 110円

※吐き気予防のお薬を希望される場合は、吐き気止め(プリンペラン錠)1錠につき150円で処方させていただきます。

アフターピル

緊急避妊の方法のひとつ

避妊を行わずセックスをしてしまった場合や、避妊具(コンドーム)が破けるといった避妊の失敗が起こったとき、妊娠を防止する方法として「緊急避妊」があります。
当院では、「アフターピル(緊急避妊薬)」という避妊薬の服用による緊急処置を行っています。

アフターピルの効果とは

ただ妊娠を防止すると言いましても、必ずしも100%ではありません。正しく服用した場合でも、約20~30%に妊娠を防止できないケースがあると言われています。
また、アフターピルが本当に効いたかどうかは、服用後すぐにはわかりません。数日ないし数週間後に月経様の出血が来て、初めてわかるのです。

もし、アフターピルを内服しても出血が来なかったり、心配なことがありましたら、お早めにご相談ください。
アフターピルを内服しても、着床した後の胎嚢(胎児の袋)を流産させることもできませんので、あくまでも妊娠成立前に使用するということをご理解ください。

アフターピルの安全性

アフターピルの安全性に関してですが、世界的には、1970年代半ばから使用されて来ており、半世紀近い歴史があって、その安全性は確立されています。
ただし、低用量ピルと同様に、アフターピルについてもやはり服用してはいけない人や、慎重な使用を要する人がいますので、少しでも不安な方は遠慮なくご相談ください。

また、アフターピルの副作用に関してですが、一時的に少し気持ち悪くなったりする程度の軽微なものです。
なお、アフターピルを服用しても効果が無く、妊娠してしまった場合についてですが、今まで知られている限りでは、異常妊娠であったり、赤ちゃんに異常が出たりといった報告はみられません。

低用量ピルの内服

アフターピルを内服しても、妊娠を回避できることは100%ではありません。
確実な避妊法は低用量ピルの継続的な内服しかありません。
現時点で妊娠希望のない方は、緊急避妊の使用をきっかけに低用量ピルの継続服用をなさることをお勧めしています。

アフターピルの費用

  • ヤッペ法:中等量ピル(ソフィアA配合錠)+吐き気止め(プリンペラン錠)
  • ノルレボ法:ノルレボ錠
項目 平日料金 日曜料金
ヤッペ法 6,500円 8,500円
ノルレボ法 14,000円 16,000円

※初診再診料、指導料は頂いておりません すべて消費税込みの費用です
※アフターピルの処方につきましては、ご予約は不要です


PAGE TOP