馬車道駅 徒歩3分
関内駅、桜木町駅 徒歩6分

ご予約・お問い合わせ

tel:045-633-2525

オンライン予約
tel:045-633-2525
オンライン予約
妊娠相談・不妊治療

妊娠相談・不妊治療

不妊症について

何かしらの治療を行わないと、自然に妊娠する可能性が低い状態を「不妊症」と言います。
WHO(世界保健機構)では、不妊症を「1年間の不妊期間を持つ状態」と定義しています。

不妊治療は多彩にありますが、不妊の原因によって治療内容も変わっていきます。
なお当院では、体外受精などの高度不妊治療は行っておりませんが、基礎体温チェック、卵胞計測によるタイミング指導、ホルモン検査、卵巣年齢を知る抗ミュラー管(AMH)検査を行っております。

また、自然に排卵しにくい場合には、排卵誘発剤や排卵コントロールを行います。
さらなる高度不妊治療が必要な場合は、適切な施設にご紹介させて頂いておりますので、安心して治療をお受けください。

タイミング法

タイミング法とは、基礎体温表や超音波検査で排卵日を予測し、排卵日前後に夫婦生活を持つことで妊娠を目指すという治療法です。
不妊治療と聞きますと、人工授精や体外受精などの高度な方法をまず思い浮かべると思われますが、実はこの「タイミング法」こそが、最も多く行われている治療法です。
主に不妊検査で目立った原因が無い場合にタイミング法がよく行われます。

不妊症の検査について

不妊症を診断するにあたりましては、当院が行う検査治療の流れは以下になります。

1. 問診
月経の状況や過去の妊娠・出産、既往歴(過去の病歴)、日頃の生活習慣などについてご質問いたします。
2. 内診・おりもの検査・
経腟超音波検査
子宮や卵巣を産婦人科的に診察します。押して痛い箇所が無いかをみたり、超音波で子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などの病変が無いかの確認を行ったりします。
また、不妊の原因になる性感染症にかかっていないかどうかのおりもの検査をします。
3. 血液検査
血液を採って、ホルモン検査や甲状腺機能や糖尿病などの全身疾患に関する検査を行います。血液検査は月経中に行う検査と、排卵後の黄体期に行う検査とで、おおむね2回行います。
4. AMH検査
(抗ミュラー管ホルモン検査)
卵巣予備能つまり、卵子の在庫の目安を知る検査です。
妊娠を考えている方、まだ考えていない場合にも30歳以上のご年齢の方には、一度測定することをお勧めしています。

妊娠の準備として、ご自身が排卵しているか、不妊原因になる性感染症にかかっていないか、妊娠前に受けておいたほうが良いワクチン接種や内服しておいたほうが良いビタミン剤など、当院では適切なアドバイスができますので、お気軽にご相談ください。


PAGE TOP